論説「政策よりも「政局ありき」枝野幸男の意気地なし」by田中秀臣in iRONNA

毎週の連載です。どうぞよろしくお願いします。 ironna.jp

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」1月14日火曜コメンテーター出演:日台関係と中国、日本サウジの中東緊張緩和連携など

台湾での蔡英文総統の再選と民進党の議席確保が過半数になつて、台湾が中国とより一層の距離を保てることはなにより幸いです。ただこれで中国側の画策が一段と悪質かつ巧妙になる可能性もあり、台湾そして日本や米国、そして豪州の中国共産党に対する連携が…

お正月特別企画:2019年心に残る経済書ベスト20発表!!(ベスト10著者コメント公開)

明けましておめでとうございます。今年も皆さんのご多幸、ご健勝をお祈りしております。 毎年恒例の経済書ベスト20も、今回で7回目(8年目)を迎えました。ネット(twitter、Facebook、メールなど)を経由して毎年100名ほどの方々から投票をしていただいて…

TBSテレビ「Nスタ」で韓流アイドルのビジネス手法についてコメント

僕は大学の仕事中で見てなかったのですが、twitterの方で教えていただいたのですが、丁寧にまとめていただいたようです。ご覧いただいた方には感謝です。 アイドル関係は初仕事ですね。今年もコンスタントに頑張ります。

トークイベント「2019年経済書ベスト20&最近の経済語り」in荻窪ベルベットサン、田中秀臣、中川祐子、森永康平、鈴木花純、内藤陽介、柿埜真吾

毎年年末に開催するのですが、予約におくれてしまいベルサンを確保することができず、年始のしかも仕事初めしたばかりの悪いタイミングでしたが、寺ちゃんで二回連続告知したり、出演者のみなさんの連続告知などで、ふたをあけたら立ち見の出る満席でした! …

論説「 ゴーンもイラン司令官もみなヒーロー、薄っぺらいリベラルの「暴走」」by田中秀臣in iRONNA

今週はアラカルト的なテーマなのですが、日本のリベラル系(本当のリベラルではないと思いますが)の識者があまりに政府批判ありきで、ゴーン事件もイラン・アメリカ対立も利用するので、まずは問題の整理として書きました。どうぞお読みください。 ironna.jp

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」1月7日火曜コメンテーター出演:新年のご挨拶、ゴーン被告逃亡とレバノン経済、イランと米国の対立激化など

今年最初の寺ちゃんは、年末からの激動の事件を追っていきました。本当に日本でも世界でも不確実性リスクが一挙に高まっているように思えます。そんななかで「ため」のある経済運営、政治の方向性が求められますね。今年もどうか寺島さん、スタッフのみなさ…

田中秀臣の最新経済ニュース(2020年2月号)in schoo ゴーン被告逃亡とレバノン経済、前澤友作氏のベーシックインカム試行を評価する等。

明けましておめでとうございます! そしてついに2020年代の幕開けです! まだ生きてるw 今年もこのブログは細々と続きます(笑。 はてなダイヤリーから移行したときにすべてのフォロワーがご破算になった関係で、通常のアクセス数が一桁少なくなってしまい…

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」12月31日火曜コメンテーター出演:日米貿易協定1月1日発効、消費増税の悪影響はいつまで?など

令和元年最後の放送でした。考えてみれば平成最後の放送もやりましたので、キリ番をとるのに縁があるのでしょうか? 年末年始も相変わらずの仕事モードですので、特に感慨はないのですが、それでももう2010年代も終わるのかと驚いています。 また来週もよろ…

【大晦日討論】今年最後のSP討論「令和元年、安倍政権を検証する」に出演しました

大晦日の夜に配信されました。今年一年の仕事納めですが、収録自体は数日前にしてました。今回は経済が専門なのは僕だけなので、その意味では政治を専門にされるみなさんの発言は興味深いもので勉強になりました。 出演 古森義久 脇雅史 西岡力 篠原常一郎 …

インタビュー記事「二宮和也、松田聖子…芸能人に恋愛・結婚報道がもたらす意外な損得」ダイヤモンドオンライン

久しぶりに長めのアイドルについてのインタビュー記事の掲載です。 アイドルグループ嵐の二宮和也さんの結婚に触発された独特のアイドル論になっています。ぜひお読みください! diamond.jp https://diamond.jp/articles/-/224014

論説「デフレ皇帝は生きていた! ニッポンに蘇る暗黒卿の戒め」 by田中秀臣in iRONNA

年内最後のiRONNAの投稿は四年前に書いた同種の暗黒卿と語るの続編ですw ふざけてるようでいて書いてる経済の話題は真剣そのものです。 ぜひお読みいただければ幸いです。今年一年、iRONNAをお読みいただきありがとうございました。次回は第二週の火曜以降…

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」12月24日火曜コメンテーター出演:中途半端な郵政民営化の弊害、消費増税の悪影響顕在化など

本日もおは寺お聴きいただきありがとうございました! 来週は大晦日の朝ですw。今年は元旦でしたのでなかなか貴重な体験ですw よろしくお願いいたします! 本日のニュース解説メニュー○日中首脳会談 北非核化連携○日米貿易協定 農産品最大1100億円減○福島…

「イチロー、山中伸弥…いま日本人で「本物の天才」と言えるのは誰か」『週刊現代』にコメント

今日発売の『週刊現代』の記事「イチロー、山中伸弥…いま日本人で「本物の天才」と言えるのは誰か」にコメントしました。ご一読ください。僕は掲載された大谷翔平さん以外に、ユーミン、本庶佑先生を天才というより自分の勉強になる人として推しました。 週…

マーシャルとマルクス

アルフレッド・マーシャルとカール・マルクスの比較というのはやられているようでほとんどスルーされている領域かもしれない。八木紀一郎先生の資本理論からの比較と、あとはカーの古典『マルクス、マーシャル、現代』が明示的で、他にはジョーン・ロビンソ…

マリアーナ・クックの肖像写真集「経済学者たち」

「数学者たち」など白黒の肖像写真集で有名なマリアーナ・クックが、ロバート・ソローに勧められて撮影した経済学者たちの肖像写真集が出版されたそう。僕はまだ手に入れてないが、『まっとうな経済学』などで有名なティム・ハーフォードがフィナンシャルタ…

ジョン・スチュワート・ミル

ジョン・スチュワート・ミル(1806-1873) イギリス古典派経済学の最終ランナー 父ミルからの早期英才教育 三歳でギリシャ語、数学、歴史、ラテン語、自然科学、論理学、経済学(スミス)。 『ミル自伝』 詰め込み教育ではなく、論理能力の養成 自伝草稿 父…

日本の対韓国輸出管理問題の一部緩和は「優遇措置の復活」でもなんでもない

日本が韓国に対する輸出管理を一部緩和した。具体的には、レジストを特定包括許可との対象としただけである。これを日韓首脳外交の「お土産」ととらえるむきがあるが、細川昌彦中部大学特任教授はさっそくTwitterで以下のように注意を与えている。 追加の追…

イラン経済、「最大の圧力」制裁の影響、日本の外交などのメモ

トランプ大統領がイランとの核合意(JCPOA)を離脱して、「最大の圧力」を課していた経済制裁の効果がかなりなものがあると、ちょっと前にbbcが六つのチャートとともに使える記事を配信していた。 www.bbc.com チャートについては上記の記事を参照にしてもら…

相変わらずの「日本の借金」と「将来不安」に染まるテレビ報道

久しぶりにテレビのニュースをみたが、News23は政府予算特集。相変わらずの「国の借金」の側面だけを過大視し、しかも消費税が「借金」返済にあてられることなく、教育無償化にあてられたことを問題視する発言。そしてこのため「将来不安」が増すとしてコメ…

中途半端な民営化と天下りの弊害:総務省鈴木茂樹事務次官更迭とかんぽ生命問題

総務省の鈴木事務次官が、総務省の鈴木事務次官が、かんぽ生命問題の総務省の処分内容を、日本郵政の鈴木康雄上級副社長に電話で漏らしたことで、事実上の更迭ということです。このダブル鈴木は旧郵政省の先輩後輩関係だったそうです。 事件の詳細は以下のNH…

あいちトリエンナーレ名古屋市あり方・負担金検証委員会第一回会合

あいちトリエンナーレ名古屋市あり方・負担金検証委員会の第一回会合を終えました。年度内にあと二回で報告をまとめる予定です。 展示作品の内容解釈だとか、展示会場で見た方がいいとか悪いとか、そういうものはこの委員会ではまったく論点ではないです。津…

論説「グレタ現象を盛り上げる「最強のアンチ」はもう一人いる」by田中秀臣in iRONNA

今週の連載は経済学からではなくw、アイドル論からみたグレタ現象でした。この記事の公開後に、記事中で話題にした中国政府に関する話題で、中共批判に近い内容を、ついにグレタ氏が香港デモへの理解を示すツイートで公にしたことで、注目を浴びてます。こ…

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」12月17日火曜コメンテーター出演:消費増税とデフレ圧力、日韓輸出管理で対話など

本日もお聴きいただきありがとうございました。日韓の輸出管理は「対話」というか日本と韓国がお互いの制度や手続きを相手に話して、理解を深めるだけで、それぞれの国のルール変更をせまる「協議」ではないのですが、なぜか「協議」扱いする報道が多いです…

論説「データで見る、東京オリンピック後の日本経済と不動産」by田中秀臣in Tochcome

トチカムさんで東京オリンピック後の日本経済を不動産市場について、現在の日本の政策的課題をふくめて詳細に論じました。読みやすい内容にもなっていますのでぜひご一読ください! 田中家の謎も一部公開w www.tochicome.jp

論説「いい反緊縮、悪い反緊縮の経済学」上 in『電気と工事』2020年1月号連載100回目!!

ついに月刊連載100回目突入。次の目標は連載10周年ですw。応援よろしくお願いします。 今回は、反緊縮政策の「いい」のと「悪い」のとの区別を前後編でやります。 電気と工事 2020年 01 月号 [雑誌] 作者: 出版社/メーカー: オーム社 発売日: 2019/12/13 メ…

国土強靭省と防災ファンドの経済学in『電気と工事』2019年12月号連載99回目

告知が遅れましたが、先月号の『電気と工事』には、最近の防災インフラ対策として、長期の人々の期待に訴える効果のある国土強靭省や防災ファンドの枠組みについて書きました。 <さらに、長期的な経済停滞を防ぐために「国 土強靱省」のような省庁や、オラ…

あいちトリエンナーレ名古屋市あり方・負担金検証委員会

あいちトリエンナーレ名古屋市あり方・負担金検証委員会の委員になりました。名古屋市のみなさんのために微力ではありますが、全力を尽くして頑張ります。 名古屋市:あいちトリエンナーレ名古屋市あり方・負担金検証委員会について(暮らしの情報) mainichi…

論説「安倍政権に関係あればレイシスト? 野党議員の「あくどい手口」」by田中秀臣in iRONNA

毎週の連載です。今回は野党議員の言動に焦点をあてて批判的に論じてみました。どうかご一読ください。 ironna.jp

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」12月10日火曜コメンテーター出演:米中貿易摩擦関税発動、GDP上方修正など

本日もお聴きいただきありがとうございました! 大人の事情とかで最後のコーナーが意味もなく充実していましたw また来週もお聴きください! 本日のニュース解説メニュー○GDP7~9月大幅上方修正○AI・5G促進 1兆円○復興費 5年一兆円台に急減○米中貿易摩擦 15…