「日本再興の最終兵器は「消費減税」だ」本田悦朗&田中秀臣対談in『WiLL』2020年8月号

内閣府元参与&前スイス大使の本田悦朗先生との初めての本格的な対談。

テーマは新型コロナ危機の経済対策。第一次、第二次補正予算の評価。そしてなによりこれからの景気対策の中核として、消費減税に焦点をしぼり、安倍政権にともかく本格的な経済政策をとるようにエールも送りました。ぜひご一読ください!

 

月刊WiLL (ウィル) 2020年8月号

月刊WiLL (ウィル) 2020年8月号

  • 発売日: 2020/06/26
  • メディア: 雑誌
 

 

経世済民政策研究会第5回

今日は、議員会館で早朝から掲題の政策研究会をしました。いままではオンラインでしたが、ついに今日初めてライブ?でやりました。

 

やはり直接会って話した方がみなさんのことがよく理解できます。

 

会合の雰囲気

f:id:tanakahidetomi:20200615081001j:plain

 

三原じゅん子議員とのツーショット。どうみてもにやけてる自分がいますが、70年代終わりからの三原さんのファンとしては、それは微笑まなくてどうする、という状況です。もちろん政策勉強は真剣で、すでにお伝えしたように菅官房長官を経由して官邸に政策提言を行いました。これからも持続的に勉強していき成果を反映できれば幸いです。

f:id:tanakahidetomi:20200615081211j:plain

 

新型コロナ共存時代の世界と日本経済の今(2020年6月号)in Schoo

今月も田原彩香さんと最新経済ニュースを一時間の生番組でかっちりお届けしました。

 

アーカイブは以下からです。パワポ資料も豊富に利用しましたのでぜひご覧ください。

 

schoo.jp

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」6月9日火曜コメンテーター出演:予備費10兆円問題、マイナンバー凍結1口座など

本日の話題は、第二次補正予算特に予備費についての野党、マスコミなどの無理解とその裏面での財務省的な緊縮主義との親和性について話しました。街角景気が底打ちしましたが、もちろん楽観視できる状況には遥かに遠いと思います。

 

本日のニュース解説メニュー
マイナンバー凍結1口座
○世界マイナス5.2%成長
○世界株 危機下でも急回復
○街角景気4か月ぶり改善
○2次補正 予備費10兆円長期戦視野
○米、2月に景気後退入り

 

また来週もよろしくお願いします!

今週の放送は以下から聴けます。
http://radiko.jp/#!/ts/QRR/20200609060000
また生放送はラジオの他、radikoでも聴けます
http://radiko.jp/#!/live/QRR

 

f:id:tanakahidetomi:20200503112002p:plain

 

リアド サトゥフ(Riad Sattouf)『未来のアラブ人2:中東の子ども時代(1984―1985) 』(花伝社)

第一巻に続いて80年代前半のシリアを舞台にした少年と家族の物語。やはり過酷な環境と異なる文化圏の多層的なエピソードに魅かれる。続巻が楽しみだ。特に若い世代に超お勧めのコミック。

未来のアラブ人2:中東の子ども時代(1984―1985)

未来のアラブ人2:中東の子ども時代(1984―1985)

 

 

江崎道朗『インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向』

江崎先生から新刊を頂戴しました。ありがとうございます! 日本でのインテリジェンスを踏まえた政府の統合的な安全保障政策の重要性と保守自由主義との関連を歴史的な視座を踏まえて書かれています。日本のインテリジェンスを考えることはこれからの日本に実に重要だと思います。その参考といいますか、現状でもっとも一般的に読める書籍のひとつだと思います。ぜひご参照ください。