関西生コンについてのメモ

連帯労組関西生コン支部(略称 関ナマ、カンナマ)は、最近、トップである武健一擁護者を含め多数の逮捕者を出したことで注目を浴びた。またネットではしばしば辻元清美議員との関係がとりざたされている。

 

ところで事件報道に興味があるわけではなく、何気なく松尾匡さんのホームページをみていたら、この逮捕への反対行動に賛成を表明していて、カンナマに知的な興味を持った。

http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__180924.html

また穏健な人柄で国際的にも著名なマルクス経済学者である伊藤誠東京大学名誉教授、そして個人的にはアグリエッタの訳書でお名前を存じあげている斉藤日出治大阪産業大学名誉教授らが、このカンナマの労組モデルを非常に高く評価する論説や発言をしているのも気になったので、いろいろ文献を読んでみた。

 

たぶん明日には公開されるが、辻元清美議員について批判的に論説を書いた。その下準備もかねていた。

 

まず通史としては以下の二冊。

 

関西地区生コン支部 労働運動50年 -その闘いの軌跡 (共生・協同を求めて1965-2015)

関西地区生コン支部 労働運動50年 -その闘いの軌跡 (共生・協同を求めて1965-2015)

 

 

関西生コン産業60年の歩み1953‐2013―大企業との対等取引をめざして協同組合と労働組合の挑戦

関西生コン産業60年の歩み1953‐2013―大企業との対等取引をめざして協同組合と労働組合の挑戦

 

 

それと伊藤誠先生が共同代表をしている『変革のアソシエ』(33号)に「関生型協同運動に期待する」を寄稿している。

 

変革のアソシエ No.33(発行 変革のアソシエ)

変革のアソシエ No.33(発行 変革のアソシエ)

 

 

また斎藤氏の論説はここで読める。

CiNii 論文 -  競争と分断の共進化から連帯と協同の共進化へ─関西生コンの社会闘争が切り開いた地平

 

みんな新自由主義批判が大好きである。

 

さらに武健一容疑者の語り下ろしや獄中書簡?なども読んだ。

『変革のアソシエ』に掲載された「語り下ろし 関生型労働運動とは何か」

獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長) | 月刊コモンズ

 

また肯定的なものばかりではダメだろうと、まったく真逆な評価をする人たちの論説も読んでみた。代表的には『ジャパニズム』の特集に掲載された記事や論説である。

 

ジャパニズム46

ジャパニズム46

 

 

また関連してだが、大西広慶応大学教授が『季刊経済理論』(55-2)に、なぜ労働者階級は団結するのが難しいのかをテーマにした論説を書いていて、この関西生コン問題とあわせて示唆に富むものだった。なにより大西氏の議論は、ゲーム理論の枠組みを採用ているのでわかりやすい。似た問題意識は、松尾匡さんの『はだかの王様の経済学』の第7章がある。

 

大西氏はこの論説は、「中小企業に比べて大企業の方が戦闘的労組がなぜ組織しにくいのか」という視点でも非常に参考になる。関西生コンは中小企業の横断的な組合という要素をもち、どうみても戦闘的労組である。関西生コンに限らないだろうが、小規模の運動としての成功と、社会一般の見地からみた成功には大きなずれがある。そのずれを合理的に説明しようとしているのが大西モデルかもしれない。

 

さらに関西生コンのような労働組合モデルは、ライシュが肯定的に評価する「協調寡占と企業横断型労働組合」モデルと似ているなと思った。このモデルについての批判を辻村江太郎氏が書いていることはこのエントリーにも紹介した。

「みんなのための資本論」と99%のための資本主義 - Economics Lovers Live 田中秀臣のブログ

 

辻村氏の指摘をまとめると、ライシュモデルはむしろ社会を分断し、仲間内だけのエゴイズムを生み出しやすいというものだ。つまり企業横断的な組合員は自らの組合員だけの利害を考えればいいだけで、それが企業の生産性向上にむずびつかなくてもかまわない、という姿勢を生み出しやすいというものである。大西モデルでの小規模(中小企業の横断型労組をイメージしてみたい)では結託できても、集団が大規模になると結託が難しくなる、というモデルとこの辻村の指摘を結合することができるかどうか、そんなことをいま考えている。

 

 

 

「はだかの王様」の経済学

「はだかの王様」の経済学

 

 

 

杉原四郎の切手論説メモ

故杉原四郎先生の切手関係の文書をメモ代わりに整理。逐次更新。

 

著作

『切手の思想家』(未来社

著作の一部に切手についての言及があるもの(なおかつ切手の画像掲載もあり)

『読書紀行』(未来社

『読書燈籠』(未来社

『読書颯々』(未来社

『ミル・マルクス・エンゲルス』(世界書院)

著作・編著などに切手の画像を掲載したもの

マルクス経済学の形成』初版(未来社

マルクス経済学の形成』新版(未来社

マルクス経済学への道』(未来社

『思想の歴史 マルクス社会主義者』(河野健二編、平凡社

マルクス・エンゲルス文献抄』(未来社

『経済像の歴史と現代』(有斐閣選書)

 

人物切手部会会報『人物』に寄稿した文書(上記著作に収録のものは抜かす)。題名のあとの数字は号数、発行年月日、頁数の順。古い順に掲載してあるが、切手の図書館所蔵のものによったので、これよりも古い号に寄稿されてる可能性はあるが、未調査。

読んでみて興味深いポイントもメモ。

 

「来日外国人切手の提案」109、1991,1.1、p.5

「これからの人物切手」110,1991.4.15,p.1

 マルクスレーニンエンゲルスエチオピアの革命広場からの肖像撤去にふれ、これらの人物切手が少なくなることを予想。寂しそう。

「「切手の思想家」のこと」118,1992.11.4,p.1-2

「人物切手・文化人切手・思想家の切手」(「未来」1992年12月1315号(未来社)から転載)119,1992,12.31

「カナダの人物切手」124,1994.1.1,p.2

「台湾の人物切手」124,1994.1.1,p.3

「北欧五か国の人物切手」126,1994.4.8,p.3

スウェーデンの人物切手」128,1994.11.22,p.2-3

マルクス主義関連のリーダーの切手は」133,1996.1.1,p.2

 ベトナムレーニン生誕125年切手、第二次世界大戦終戦50年切手(ロシア)。

f:id:tanakahidetomi:20190217100742p:plain

ノーベル賞記念切手」136,1997.1.1,p4-5

「浮谷敏夫「文学切手散歩」」138,1997.3.30,p.2

「生誕500年の記念切手」139,1997.10.3,p.8-9

幸田露伴について」142,1998.6.1,p.2

「1997年に出た世界の文化人切手」142,1998.2.15,p.2-3

キュリー夫人放射能「遺産」」146,1999.1.1,p.2

 ポルトガルの1998年キュリー夫人切手について

「オウエンとミル関係者の切手」149,1999,7.1,p2-3

 ギアナのフロイド切手(1997)についての言及。ギアナといえば商業主義第一で膨大な外貨獲得のための切手を出している。このフロイド切手は未収集だが、文化人たちとのシート、単片があるようだ。上記の著作『ミル マルクス エンゲルス』の巻頭にも画像が紹介されている。

f:id:tanakahidetomi:20190217100047p:plain

「提案」149,1999,7.1,p.4

「「人物部会報」1号ー10号」150,2000.2.10,p.10

「マオの肖像」153,2000.12.10.p.2-3

 絶賛。

退会の届け出168,2003,10.15

 老齢で切手収集に困難

 

蝶切手についての短文をおそらく切手部会で寄稿されてるはずだが未調査(昔、頂戴したが紛失)

 

『切手の思想家』以外では、『ミル・マルクス・エンゲルス』の巻頭「切手で追うミルめぐる人物」、『読書燈籠』の「経済学関係の人物切手」と「コントとミル」が面白い。また「趣味は切手」で言及されたルターとラファエロが生年が同じであることは、杉原先生のこのエッセイを読んではじめて気が付いた。先生は切手を通じて知ったとのこと。ルターもラファエロの切手も多数でているが、ここでは所持しているものから。

 

f:id:tanakahidetomi:20181223135715j:plain

 

オーギュスト・コント(社会学の祖)切手。ブラジル旗に「秩序と進歩」とコントの主張が銘されてる。そのブラジルからのもの(左端)が見つからず苦労した。杉原四郎先生のこのコント切手のエッセイあり。ブラジル、フランス、ルーマニアブルガリアの順 

f:id:tanakahidetomi:20190217101547j:plain

 

 

「NGT48暴行事件 アイドル経済への影響は?「市場の狭さマイナスに」」withnews(朝日新聞)にインタビュー掲載

電話インタビューをうけたものが掲載されています。

経済的な側面も注目すべきかもしれませんが、むしろこの件は、下のtwitterでのコメント(画像あり)でも指摘したように被害者第一の観点から考えるべき問題ですね。

 

いままでのテレビ出演、各新聞でのコメントなどと総合的に読んでいただければ幸いです。

withnews.jp

 

経済的側面以外での田中の観点はこちらを参照してください。

 

 

いままでの山口真帆さん暴行被害事件について、田中がふれた記事、テレビなどの関連エントリー

新潟日報「スポットライトの裏側<上> 防犯体制 地方都市で「私生活」守る難しさ」にコメント(2月8日朝刊) - Economics Lovers Live 田中秀臣のブログ

産経新聞ネット版「NGT48騒動泥沼化 SNS活発化で運営は管理困難」にコメント(2019年1月16日) - Economics Lovers Live 田中秀臣のブログ

TBSのNEWS23でNGT48の山口真帆さんへの暴行事件や運営の問題についてコメントしました - Economics Lovers Live 田中秀臣のブログ

論説「望月衣塑子記者に教えたい「硬骨のエコノミスト」の戒め」by田中秀臣in iRONNA

毎週連載の新投稿です。今回は賃金統計不正問題をまったく違った形で誤解、悪用している人たちへの批判を書きました。特に戦前の石橋湛山が同様の批判を展開していることもあわせて紹介しています。ぜひご一読ください。

 

ironna.jp

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」2月12日火曜コメンテーター出演:仏デモとマクロン大統領、実質賃金問題

今週も先週に引き続き、賃金統計不正をめぐる話題でしたが、特に野党やそれを支持する反安倍系のマスコミ、識者の意見の悪質な内容を批判しました。アーカイブなどでぜひお聴きください。

そのほかの放送内容は以下。

○米次期大統領選 民主左派出馬相次ぐ
○1部上場基準引き上げ
○韓国最高裁前長官を起訴
○仏デモ収束へ国民投票検討
○雇用者報酬と実質賃金
○国際ロマンス詐欺

 

今週の放送は以下から聴けます。
http://radiko.jp/#!/ts/QRR/20190212060000

また生放送はラジオの他、radikoでも聴けます
http://radiko.jp/#!/live/QRR

f:id:tanakahidetomi:20181214103903p:plain

 

日本経済新聞「「私はアイドル」 地下の舞台で夢を育てて」2月10日にコメント

地下アイドル(ライブアイドルの方を好みますが、取材では地下アイドルを使うメディアが大多数なので自分が書く以外ではこちらの表現が採用されてしまいます)についての取材記事にコメントを寄せました。多忙な時期にうけたので完全に忘れてました。

 

ラパンエール、どこかの対バンで見たかもしれないけど記憶にはないので(デビュー一年ほどだとみてないかも)、この記事を機会に注意してみたいと思います。

 

www.nikkei.com

世界のマルクス切手は214枚か? マルクス切手完全収集

たぶん世界のマルクス切手(肖像、彫刻、書影、マルクスの発言)は、その数は214枚。ここにはカール・マルクス通りなどの地名ものや大学名などは抜かす。いままで1990年までに200枚というのが通説だったが、上のカウントだと少し多くて90年までには、207枚になる。これらをようやく集めきった。切手収集自体を始めたのが去年の9月なのでほぼ5か月かかったことになる。インターネットの時代でよかったものの、やはり探す手間は大きなものだった。

 

鈴木鴻一郎、杉原四郎、R.ヘッカー・H.ヒューブナー・窪俊一各氏の書籍で言及されたり、掲載されたマルクス切手はもちろん手元にある。

 

最期まで探したものは、モザンビークマルクス(とレーニンエンゲルス)切手であり、国内の切手屋さんや切手市場・バザールにいくたびに「モザンビークはないか、モザンビークはないか」を最近は連呼していたw。モザンビーク自体のいまの切手発行スタイルは外貨獲得に完全に傾斜している。マリリン・モンロー切手なども去年は出していたが、モザンビークにはなにか関係しているのだろうか? そうとは思えない。マルクス切手は同国が社会主義政権だったころに出したものである。

 

最後の残ったマルクス切手はイタリアの著名店であるErcole Gloria Collezionismo で買い求めた。ちなみに同店では日本語で対応もしてくれるので便利である。

www.ercolegloria.com

 

ステーショナリ類はあまり関心がないので少ししかないが、収集のアクセントとして補強はしたいと思っている。あとコンゴ象牙海岸などが去年も発行した「いかがわしい切手」や、またこれも去年、カナダとルクセンブルクなどででたパーソナライズド切手などもおいおい補充していくつもりである。

 

とりあえずマルクス切手は完全収集した。日本の経済学者では、おそらく鈴木、杉原についで三人目である。

f:id:tanakahidetomi:20190209231649j:plain