死刑と犯罪抑止の経済学メモ

オウム真理教の元幹部たちへの死刑執行を機会にして、少し調べたら日本語の専門論文やまたベッカーの古典的な論文の翻訳があることがわかったのでリンクを紹介。

 

僕自身のこの問題についての時論は以下を参照。

論説「死刑制度はオウム再犯の抑止力になり得るか 」by田中秀臣in iRONNA - Economics Lovers Live 田中秀臣のブログ

 

この論説に引用した矢野浩一さんらの研究論文は以下に要旨。

日本における死刑と厳罰化の犯罪抑止効果の実証分析 by村松幹二/デイビッド・T・ジョンソン/矢野浩一

http://www.jeameetings.org/2015s/Gabstract/N-001abstract_KanjiMuramatsu.pdf

<本研究は、死刑と厳罰化の抑止効果を数量的に分析することで、刑事政策の議 論に資することを目的とし、1990年から2010年までの日本における死刑執行、 死刑判決および凶悪犯罪に関わる法改正が、殺人、強盗殺人に与える影響について、月次データを用いた実証分析を行った。その結果、死刑執行・死刑判決人数のこれらの犯罪に対する抑止効果は見られなかった。一方、有期刑の上限の延長及び時効の延長という法改正による厳罰化は殺人、強盗殺人に対する抑止効果 があったことが示された>。

 

完成版は書籍に収録。

 

犯罪をどう防ぐか (シリーズ 刑事司法を考える 第6巻)

犯罪をどう防ぐか (シリーズ 刑事司法を考える 第6巻)

 

 村松幹二氏の以下の展望論文は参考になる。

日本における死刑の近年の動向

http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/35703/rkz047-3-05-muramatsu.pdf

 

犯罪と刑罰についてのゲーリー・ベッカーの古典的論文の日本語訳がネットで読めるのは有難い。

犯罪と刑罰 : 経済学的アプローチ 増田 辰良 [訳]
1968, Crime and Punishment : An Economic Approach, Journal of Political Economy, March/April, 169-217

https://ci.nii.ac.jp/els/contents110004830450.pdf?id=ART0007914178

 

この論文については以下のような論説をタバロックが書いている。

アレックス・タバロック「ゲイリー・ベッカー最大の失敗とは?――犯罪抑止をめぐる2つの考え方」 — 経済学101

 

秋葉弘哉先生らの先駆的な犯罪の経済学における死刑の犯罪抑止効果について、現時点から再考した実証的論文。

日本の死刑に関する 2 つの計量分析の再検討

http://www.jlea.jp/2016zy_zr/ZR16-04.pdf

 

冒頭で紹介したレビットとタバロックの『ヤバい経済学(増補版)』にも簡単に死刑の犯罪抑止効果への批判が解説されていて興味深い。

 

ヤバい経済学 [増補改訂版]

ヤバい経済学 [増補改訂版]

 

 

 

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」7月17日火曜コメンテーター出演:西日本豪雨災害デマ、日銀政策の問題点、米露外交への批判など

本日も「おはよう寺ちゃん」をお聴きいただきありがとうございました!

 

ワールドカップ明けと連休明けでしたが、猛烈な暑さが予報されるなど、被災地の方々やまた多くの方々にとっても月末までつらい気候になりそうです。少しでも僕らの解説が時事問題を解明する一服の涼といいますか、何かのお役にたてれば幸いです。

 

今日は、酷暑の話題、西日本豪雨災害のデマ、日銀の政策の問題点、中国の周近平体制のゆらぎの兆候、米露外交への批判的視点などを話しました。

本日のニュース解説メニュー
○猛暑 熱中症で3連休14人死亡
西日本豪雨 農林水産業者を金融支援
○米露 対話強化を確認
○中国6.7%成長に減速
○日銀 資金供給量減少
西日本豪雨風評被害

 

また来週もよろしくお願いします!
今週の放送は以下から聴けます。
http://radiko.jp/#!/ts/QRR/20180717060000
また生放送はラジオの他、radikoでも聴けます
http://radiko.jp/#!/live/QRR

f:id:tanakahidetomi:20180609110606p:plain

 

論説「TWICE、MOMOLANDらK-POPガールズグループ日本進出の背景 “物語性”と“著作権”から考察」 by田中秀臣in REAL SOUND

REAL SOUNDでの連載です。K-POP関係が多いのですが、今回は特に物語性の有無に焦点をあててみました。

 

realsound.jp

宇沢弘文「ジョン・スチュアート・ミルと木村健康先生」と木村健康の愛国心論

宇沢弘文の最後の著作『宇沢弘文の経済学』(日本経済新聞社)に、「ジョン・スチュアート・ミル木村健康先生」という章があることを知って楽しみに読んでみた。なぜならちょうど講義で、ミルを講じる機会があり、さらに最近、厚生経済学の歴史を扱う中で木村健康に注目しているからだ。

 

ところがこの宇沢の書いた文章はあまり内容が豊富ではなく、単に彼の読書体験を書いたのと、米国滞在中にミルの原書をみつけた街の記憶を掘り下げているだけのものだった。木村やミルについて深い記述があるわけではない。宇沢にとってミルや木村がその自由主義の精神と行動とによってきわめて高く評価されているのがわかるだけである。

 

ただその街の記憶の掘り下げ方は、さすがに宇沢だけあって着眼点が面白い。その街に由来のあるロバート・スティーブンソン(『宝島』『ジキルとハイド』の著者)に話題がいつの間にか移り、この章はほぼスティーブンソンについての短文になっている。しかも話題はスティーブンソンが転地療養とその終焉の地であった南洋サモア諸島の当時の状況(英米独の管理)とそこでのサモアの人たちの状況を書いて終わっているところである。話がどんどんそれていくその速度が面白いともいえる。つまりは全体が余談の塊なのだ。

 

スティーブンソンはサモアの人々と独立運動に全力を尽くしたと宇沢は書いている。その事実がどの程度のものかいまはわからない。

 

木村健康河合栄治郎の門下生で、戦前の言論弾圧事件である「河合栄治郎事件」では、一貫して師を擁護し、また東大をそのために辞した。東大の学生寮自治についての戦時中の当局の干渉に抵抗するなど、その姿勢は抵抗する自由主義者というものだった。

 

戦後は東大経済学部の礎を築いたと評価されるが、他方でさまざまな一般誌に優れた時事的な論説を多く投稿した。その名文ぶりは、彼の『東大嵐の中の四十年』などによく表れている。

 

『現代随想全集』(昭和29年)というエッセイ・随筆の名手を集めた全集があったが、その中で木村が選ばれている。この集の企画の特徴は、弟子にあたる人物に解説を書かせ、また本人に自分の年表を書かせていること、さらに随筆の大半はこの本の出た直前のものを意図して収録したことだ(木村は欧米に留学したのでその関連エッセイが多い)。

 

この中に「青年と愛国心」(昭和28年)という一文があるので引用してみたい。

 

愛国心とは、たとへ自分の国が現在悲惨と醜汚にみちてゐても、なほそれを愛する心である。現在不正義と貧窮がみちみちてゐる国を愛する途は何であろうか。それは自分の国から貧窮と不正義と醜汚とをとりのぞくべく努力することにほかならない。さうして自分の国を一歩でも正しく豊かに美しい国に向上せしめようと努力することにほかならないのである。愛国心は一言でいへば、自国の生活と文化とを築きあげやうとする不退転の意志である。盲目的熱狂的排外主義が愛国心の名にあたひしないのは、それがこのような積極的建設的意志と努力とを蔑ろにしてゐるからである。このやうに考えると、愛国心は一国の独立と幸福と、さらに世界平和の確立とを推進する根本的動力である。(略)愛国心は単なる激越なる感情ではなくて、それは毅い意志と、慧い叡知と、ふくよかに美しい情感との交響曲である」。

 

木村の弟子には小宮隆太郎氏がいて、その弟子が岩田規久男先生である。木村の経済思想史の業績には、岩井克人氏にも影響を与えたアダム・スミス厚生経済学的解釈や『厚生経済学序説』がある。また戦後の経済学教育に大きな影響を与えたいくつかの書籍も編集している。

 

 

 

 

自由論 (岩波文庫)

自由論 (岩波文庫)

 

 

 

 

 

論説「BTS(防弾少年団)の経済学」<連載83回>by田中秀臣in『電気と工事』2018年8月号

『電気と工事』での連載も83回。この企画を提案されてともに2011年から現在まであしかけ7年も一緒にやってきた木本さんが編集長を交代され栄転されました。いままでありがとうございました。この連載はとても個人的にありがたいものなので新しいご担当のもとでまだ続くといいな、と思っています。

 

 

電気と工事 2018年 08 月号 [雑誌]

電気と工事 2018年 08 月号 [雑誌]

 

 

櫻井優衣&田中秀臣「Society5.0講座」in『高校生・受験生のお母さんお助けBOOK 大学選びの新常識 2019』(講談社)

アイドルの櫻井優衣ちゃんとSociety5.0について対談した記事を収録したムックが刊行されました。収録は二か月近く前なのですが、この組合せでこのテーマはなかなか面白い企画でしたw。

 

しかし櫻井さんは本当にビジュアルがよくて表紙を飾るだけあります。僕はおまけですねw。ぜひご一読ください。

 

ちなみに僕も本ができてから知った櫻井さんの写真が二点もありましたw

 

f:id:tanakahidetomi:20180714035034j:plain

 

高校生・受験生のお母さんお助けBOOK 大学選びの新常識 2019年度版 (講談社 Mook(J))

高校生・受験生のお母さんお助けBOOK 大学選びの新常識 2019年度版 (講談社 Mook(J))

 

 

 

グラビアアイドルの現状にコメント:AbemaTV『AbemaPrime』に出演しました

AbemaTV『AbemaPrime』でグラビアアイドルの現状について解説するために、前回とは違いw、今回はちゃんとけやき坂スタジオで話す機会を頂戴しました 笑。

 

小松靖アナウンサーとは初めてお会いしましたが、とても理知的な人であることがわずかな時間だけでも伝わるお人柄でした。またスタジオの出演者やスタッフの方々の雰囲気がとてもいいのですごしやすい空間ですね。お世話になりまりました。ありがとうございます。

 

ひとつだけ心残りなのは、進行が台本あってないようなw自由な雰囲気で行われたことで、おススメのグラドルで和泉美沙希ちゃんと小倉優香ちゃんをあげることができなかったことです。特に面識のある和泉さんには事前に言及するかもと伝えてただけにできず無念w。

 

当日の写真は以下に。

f:id:tanakahidetomi:20180714032755j:plain

f:id:tanakahidetomi:20180714033033j:plain

f:id:tanakahidetomi:20180714033042j:plain

 

当日の模様は記事にもなっています。

abematimes.com